身体に負担が少ない楽器「チェロ」

最終更新: 2019年12月12日

12月に入って、寒い日が続いていますね。

管理人宅では効きの悪いエアコンに耐え切れず、エアコンを新調しました。12月、1月は新型が発売されるので、旧型がお得に購入できる時期のようです。

TOSHIBAのエアコンはフィルターのお掃除が、とても楽だそうです。専用のノズルを掃除機に取り付けて、フィルターの掃除用の穴に差し込んで吸い込むだけのようです。

さて、今回はオービル音楽教室でもプライベートレッスンを行っている、チェロについてご紹介します。


チェロは弦楽器の中では、低音から高音まで音域が広く、人の声に近い楽器と言われています。

また弦楽器の中では、身体に負担の少ない楽器とも言われます。


例えば、ヴァイオリンやヴィオラは左腕を外転させて弦押さえ、右腕は内転させて弓を持ちます。楽器を支えるために首にも負担がかかります。

特殊な基本姿勢のため、小さい頃から身体を慣らしておかないと演奏が難しいと言われる場合もあります。

一見、コントラバスも負担が少なそうですが、若干前かがみになって演奏するため、腰に負担がかかりやすいようです。


その点、チェロは楽器こそ大きいですが、自然に座った姿勢で演奏ができるので負担が少なく、初心者でも比較的、音の出しやすい楽器と言われています。

身体に負担が少ないためか、管理人の周りでも小さいお子さんから、60代、70代の方まで、楽器を始める時期が他の弦楽器に比べて幅広い印象です。


少し前からは2CELLOSというユニットの活躍もあり、更に人気も高まっています。



ただ、やっぱり楽器は高い!

ネックとなるのは、やはりお値段。しっかり使えるものを購入しようと思うと、最低でも20~30万円ほどの楽器を選ぶのが無難です。

チェロを持って公共交通機関に乗る方は、ハードケースの購入も必須です。ケースも安いもので10万円弱から。弓も5~10万円はかかります。


管理人も、チェロと弓はなければどうしようもないので購入しましたが、ケースはしばらく知人が使わなくなったものを借りていました。


最初からチェロ一式を揃えるのは、なかなか大変です。

そこでおすすめなのが、YAMAHAなどがおこなっている楽器レンタル。月々7,000円程で、楽器、弓、ケースのレンタルが可能です。気に入れば、そのままレンタル費用を充当して買い取ることもできます。

楽器との相性を試してから購入に踏み切れるので、メーカーにこだわりがなければ、本当に良い仕組みだなと思います。


楽器を購入するというハードルは高いですが、弦楽器を始めるなら、身体に負担が少なく、初めての方でも演奏しやすいチェロがおすすめです。

ぜひみなさんもチャレンジしてみませんか?


15回の閲覧